設計士 建築士 違い

設計士 建築士 違い

「設計士と建築士の違いを述べよ」と言われても、ちょっと素人にはピンときませんよね。違いというと語弊があるかもしれません。誤解、というところでしょうか。

建築業界に携わっていない人の多くは、「建築士がいるように設計士がいる。違いは知らないけれど」と思われていると思いますが、最も端的に表現すると「建築士は設計士」なんですよ。

設計士という資格はありません。住宅を始めとする建築物の設計を行い、図面を引く人を設計士、もしくは図面士と呼び、それが出来るのは建築士だけなんです。

木造2階建の延べ面積が 100㎡以下の場合は、建築士の資格が無くても誰でも設計は出来るのですが、やはり建築士に頼んだ方が早いですね。法的な制限なども熟知しておかない事には、建築の許可も下りません。

でも、建築士の免許を取得していない人が図面を引く事もあります。この場合は、建築士が責任者として図面をチェックしています。(しているはずです!)

設計士と建築士の違い、案外世間には知られていない事ですが、特に注文住宅を考えられている場合は、この点を押さえておいた方が良いですよ。無資格の方が図面を引かれている場合、建築士は誰なのかを知る事、顔合わせを行う事は重要です。

[建築家を探す]
建築家 福岡
建築家 鹿児島
建築家 沖縄

注文住宅 設計事務所

注文住宅 設計事務所
とにかく理想の家が欲しいから注文住宅で!という人もいれば、変則的な土地の形をしているから、注文住宅じゃないと無理だろう、という人もいますよね。

そんな時は、設計事務所にお願いするというのも一つの方法です。設計事務所では、その名の通り「設計」を担当します。施工は別で、設計事務所が工事施工業者(工務店など)を紹介してくれる事が殆どです。

システムキッチン、壁紙などの細かい指定は施工業者と打ち合わせる事が多いのですが、注文住宅ですから設計事務所の設計担当者に、予め決めているものがあるのであれば伝えておきましょう。

設計事務所が図面を工事施工会社に渡す時、その図面へ事前に書き入れてくれます。二度手間にもなりませんし、希望を確実に伝える事が出来ます。

注文住宅の成功を左右するのは、依頼する設計事務所に左右されるといっても過言ではありません。良心的な設計事務所もあれば、そうではないところもありますから、しっかり見極めて依頼する事は必須でしょう。

とはいえ、業界に詳しいものであるならともかく、素人が注文住宅を依頼するのは人生で一度きりの場合も多いので、不安になってしまいます。

ですから、イエヒトのように建築家目線で設計事務所を選ぶようにする事をお勧めします。とんでも無い業者との遭遇リスクは大幅に減りますし、イメージミスも少なくなるからです。イエヒトが、近年注目を浴びている理由ともいえるでしょう。

[建築家を探す]
建築家 大阪
建築家 京都
建築家 兵庫

建築家 注文住宅

建築家 注文住宅

イエヒトのように、建築家が多数揃っている場合は、建築士を選ぶという視点で設計を任せられます。せっかく注文住宅を建築されるのですから、自分にとって最高の建築士と出会いたいものです。

建築士は設計事務所に所属していますが、ではどこの設計事務所が良いのかと、「その人が所属している会社=入れ物」に焦点を当ててしまいがちです。

そうではなく、本来であれば「惚れた建築家に我が家をお願いする」という形が理想です。ですが、「建築家」を探すことは「家づくりの初心者」である依頼主にとっては困難です。

ですから、イエヒトが注目を浴びているのですね。注文住宅をと考えている人は、ほとんどがマイホームに対して強いこだわりを持っているはずです。いえ、持っていなければ建売でも構わないでしょう。

例え若い建築家であっても、自分の感性と合う建築家を選びましょう。その上で、依頼主である自分自身も意見をどんどん出せるよう、ある程度の知識は持っておきたいものです。

耐震、断熱など家としての基本的な性能を始め、建築資材の特徴、10年後の家族も視野に入れつつ、思い通りの家を建てる。これが注文住宅です。そのためにも、まずは納得のいくまで「自分にとってたった一人の建築家」を探すことから始めましょう。

[参照元サイト] 建築家

建築家 広島
建築家 静岡

注文住宅

注文住宅

注文住宅は、一見「理想のおうちを建てる為の、最高の建て方」だと思えますが、注文住宅にも失敗はあります。失敗など絶対に許されないのが住宅建築ですから、とにかく隅々まで気を配りたいものです。

まず、前提として「住宅建築に集中できる状況であるか」という事は案外重要なポイントになります。奥様が妊娠・つわり中で、壁紙の材質はもちろんのこと、間取りに関しても「考えられない。好きにして。」という状態では、せっかくの注文住宅の良さが生かしきれません。

そんな状態で建てるわけない、と思われるでしょうが、案外多いのですよ。長子が小学校に入学するまでに、との思いから、万全の態勢で注文住宅に関わる事が出来なかった女性は多いものです。

また、細かい打ち合わせがとにかく多いのも、注文住宅の特徴です。途中で「どーでも良くなってきた」という気持ちの谷間が、必ずやってきます。そこをいかに乗り切るか。この点も住宅の仕上がりを大きく左右するでしょう。

せっかくの注文住宅ですから、出来れば依頼主は万全の態勢で。もしくは家族の誰かがフォローできる体制で臨み、信頼できる建築家と納得いくまで打ち合わせを行うようにしてください。

[注文住宅を探す]
注文住宅 東京
注文住宅 北海道
注文住宅 栃木

グリーンフィールドクラブが人気の理由

グリーンフィールドクラブが人気の理由というのは色々ありますが、いくつか検証してみましょう。
まずは従来にない、新しい感覚でリゾート施設や貸別荘を提供してくれるというのが大きな理由として挙げられますね。

「別荘をせっかく買ったんだから使わないと損」という感覚に支配されて半ば義務のように利用したり、「ホテルは混んでいるけどシーズンだから我慢だ」というように何かしらは不満を抱きつつも休暇を送るという方が結構多くいらっしゃいます。
そうした悩みを解決してくれるのがグリーンフィールドクラブで、別荘の静かでリッチな感覚とホテルの便利で快適なシステムを両方兼ね備えたようなサービスを提供してくれるのが人気なんです。

また会員制を採用していて、会員が必ず一人はいないと施設に宿泊は出来ませんので、マナーの悪い人や常識に欠ける行動をとる人というのがほとんどいません。
したがって宿泊先で不快な思いや迷惑を被るということもほぼありませんので、気持ち良く快適に過ごせます。
本来は当然なことなのですが、最近はこうした点をノンストレスで過ごせる場所が少なくなっていますので、これも選ばれる要因の一つになっているでしょう。

以上のような点が、グリーンフィールドクラブが人気の理由なので、ぜひ一度その良さを体験して下さいね。

グリーンフィールドクラブ